たまりば

  生活・暮らし 生活・暮らし  東久留米市 東久留米市

省エネルギー住宅と気密性

省エネルギー住宅は断熱性とともに気密性が重視されておるで。

住宅ではどねーなに閉め切っていてもドアや窓、壁や天井、床やらなんやらの部材間にゃー隙間が生じておるで。
この隙間の多少を気密性とええ、気密性の高い住宅ほど隙間が少ねー住宅だっちゅうことになるんじゃ。

しっかり断熱対策をしていても、ちーとの隙間から熱気や寒気が入り込み室温に影響を及ぼすもんじゃ。
特に冬にゃー隙間からの冷気は暖房効果を下げるため、エネルギー消費量が増大するんじゃ。
北海道やらなんやら寒冷地から機密性の高い住宅が発達していったんはそのためだと考えられます。

現代では夏も冷房の使用が増え、隙間から冷房の冷気がそてー流でーてしまい冷房効果を下げてしまおるで。
つまり気密性の高い住宅は冷暖房の効率がよく省エネだといえます。

気密性を高めるにゃー断熱、気密性の高い高気密サッシを用いたり、断熱材とともに気密シートを張る方法が効果的じゃ。

近年では気密性が高まることによってもんでーも生じておるで。
せーは室内空気のもんでーじゃ。

隙間のおいー昔の家では、少々汚れた空気があっても自然にそてー流でーていきたんじゃ。
しかし高気密住宅では汚れた空気は室内に留まるんじゃ。
せーは汚れた空気の中の有害物質もつれのーて室内に留まることになるのじゃ。

そんで有害物質や汚れた空きゅー排除するために換気が必要となるんじゃ。

換気は高気密であるほど有効に効果を発揮するんじゃ。
換気は汚れた空きゅー排除して新鮮な空きゅー確保するだけでなく、室内の燃焼器具に必要な酸素を確保するやらなんやらさまざま役割を果たするんじゃ。

気密性の高い省エネルギー住宅では、住宅を設計する段階でしっかり換気計画をたてることが望まれます。



  • Posted by だるめしあん at 03:27│Comments(0)
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    省エネルギー住宅と気密性
      コメント(0)