たまりば

  生活・暮らし 生活・暮らし  東久留米市 東久留米市

省エネルギー住宅と照明

省エネルギー住宅を考える時、でーもが取り入れやすいもんに照明器具があるんじゃ。

家庭における照明のエネルギー消費量は全体の20%といわれておるで。
照明の省エネは毎月の電気代の節約にもなり、環境保全のためにもえーことじゃ。

照明器具のランプにゃー白熱灯と蛍光灯があるんじゃ。
蛍光灯はランプ代は高いもんの、寿命がなげーため、白熱灯より経済的といえます。
ランプの寿命がなげーこたー省資源でもあるんじゃ。

蛍光灯は点灯時に一番ようけ電力を消費するっちゅう特性があるんじゃ。
点け消しが多けりゃー寿命も短くなってしまおるで。
そのため長時間点灯しとる部屋では蛍光灯が経済的で、点け消しが頻繁に繰り返されるトイレや洗面所にゃー白熱灯が適しとるといえます。

このようにランプの特性と設置場所の照明の使用状況によって、白熱灯と蛍光ひゅー的確に使い分けることが経済的であり、省エネ効果をあげることになるんじゃ。

また調光器で明るさを調整することも効果的な方法じゃ。
玄関や廊下やらなんやら一晩中ひゅーつけておく場所に適したもんで、ランプの寿命も長くなるんじゃ。
もともと調光可能なランプは白熱灯だけじゃったが、近年では蛍光灯でも調光可能なもんが出ておるで。

人の気配でなんもせんでも点灯、消ひゅー行うセンサーも省エネ効果の高いもんじゃ。
また暗くなったり一定期時間人の気配がねーと、なんもせんでも消灯したり明るさを絞ることのできる高機能な器具も出ておるで。

LEDも経済的で寿命が長く、省エネに効果的な次世代の光源として注目を集めておるで。

このように照明は日々進化しており、省エネ効果の高い器具はようけ開発されておるで。

省エネルギー住宅では適切な照明設置と無駄な照明の消灯やらなんやらに配慮して省エネを心掛けることが大切じゃ。



  • Posted by だるめしあん at 03:27│Comments(0)
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    省エネルギー住宅と照明
      コメント(0)