たまりば

  生活・暮らし 生活・暮らし  東久留米市 東久留米市

省エネルギー住宅と植栽

住宅に植栽を取り入れることでいろいろな省エネ効果を得ることができます。

夏にゃーつえー日射を遮るといっぺんに、屋外の温度を下げる効果があり、涼風、清風を得られます。
冬に葉が枯れ落ちる落葉樹なら、冬にゃー日射を利用できます。
一年中室内を快適温度に近づけ、冷暖房によるエネルギー消費を抑えることができるのじゃ。

植栽を行う時にゃー樹木の選択にきゅーつける必要があるんじゃ。

常緑樹は、夏にゃーつえー日差しを遮り涼しさをもたらしじゃが、冬にゃー温かい日差しを遮ってしまおるで。
南向き、東向き、西向きの窓の周囲にゃー落葉?が適し、特に南面にゃー藤棚やらなんやらで日陰をつくることも効果的じゃ。

北向きの窓の周辺にゃー、冬の間の防風や目隠しに有効な常緑樹が適しておるで。

また樹木の成長に伴う枝葉の広がりや高さを予測して、住宅の植栽場所に適しておるか判断して樹木を選ぶことも大切じゃ。

植栽の中でも屋上緑化や壁面緑化は近年省エネルギー住宅として注目が集まっておるで。

けーは屋根や壁面、ルーフテラスに芝生やらなんやらの植物を植えて緑化する方法じゃ。
緑化は断熱効果があるため、夏は涼しゅー冬は暖かく室温を保ち、冷暖房効果を高めることができます。

ほんで緑は温室効果ガスであるCO2を吸収するため環境にもやさしゅー、近年都市部でもんでーとなっとるヒートアイランド現象の緩和に役立ちます。

植物は生き物であり、植栽や屋上、壁面の緑化にゃー、水やりや雑草の抜き取り、枝葉の手入れやらなんやらの手間がかかるもんじゃ。
しかし環境にやさしゅー、視覚的にも精神的にも住む人にえー影響を与えるもんで、今後ようけの省エネルギー住宅に積極的に取り入れられることが望まれます。



  • Posted by だるめしあん at 03:27│Comments(0)
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    省エネルギー住宅と植栽
      コメント(0)