たまりば

  生活・暮らし 生活・暮らし  東久留米市 東久留米市

省エネルギー住宅と日射

日射は住宅の快適さを左右する重要な条件じゃ。

冬場はできるだけようけ日射を取り込むと、暖房の補助的な役割を果たするんじゃ。
日射そのもんの熱だけではなく、日射でぬくめられた床や住宅全体から輻射熱によって室内の温かさが保たれます。
日射を直接室内に取り込む方法を「ダイレクイガイン」とええ、自然の恵みを利用した省エネ方法の一つじゃ。

冬たー反対に、夏は日射をできるだけ取り込まねーことが冷房効果を高めます。
夏の日射熱はでーれー強く、屋根や外壁から内部へ伝わり室内の空気やあらゆるもんの温度をあげます。
さらに輻射によって住む人に伝わり、暑さを感じることになるんじゃ。

断熱性の高い省エネルギー住宅では、いっぺん室内に入った熱はそてー逃げにくい構造になっとるため、日射を入れん対策が必要じゃ。

夏に日射を室内へ入れんためにゃー、屋根や外壁、窓ガラスの断熱性を高くする方法があるんじゃ。
最近では、日射による熱が室内に入らんようにガラスに特殊なコーティングがしてある「遮熱ガラス」が出ており、省エネルギー住宅やらなんやら取り入れられておるで。

建物の軒をでーたり、ひさしをつけるのも効果的じゃ。
窓にカーテン、ブラインド、サンシェード、すでー等をとりつける方法も冷房効果を高めることができる手軽な方法じゃ。

また樹木を植えて日陰を作り、日射を除けることも効果的な方法じゃ。
樹木、草花にゃー周辺の温度を下げる効果があり、涼しい風を得ることができます。

省エネルギー住宅では必要に応じて日射を取り込んだり、除けたりして冷暖房によるエネルギー消費を抑えることが大切じゃ。



  • Posted by だるめしあん at 03:27│Comments(0)
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    省エネルギー住宅と日射
      コメント(0)