たまりば

  生活・暮らし 生活・暮らし  東久留米市 東久留米市

省エネルギー住宅とシックハウス症候群

省エネルギー住宅では近年、シックハウス症候群がもんでーになっておるで。
シックハウス症候群たー、住宅の新築や改築の直後に入居した人に起こる症状で、めまや吐き気、頭痛、倦怠感、湿疹、呼吸器疾患やらなんやらの体調不良が起きるもんじゃ。
このシックハウス症候群が認知されていねー頃にゃー原因不明な症状とされ、自宅療養やらなんやらでさらに症状が悪化することがあったようじゃ。

シックハウス症候群の原因は、住宅の中の建材、家具、日用品から発生する様々な化学物質が考えられます。
近年の住宅は建築する際に、接着や殺虫やらなんやらの目的でいろいろな化学物質を使用するんじゃ。
その化学物資が室内空きゅー汚染し人体に入りこむのじゃ。

特に気密性に優れた近年の省エネルギー住宅では換気が十分行われず、汚染された室内空気が留まりやすいため、シックハウス症候群の発生や悪化につながりやすいと言われます。

シックハウス症候群を発生せんためにゃー原因物質を生活環境から排除することが求められます。
近年では法律でも建築材料や殺虫剤の使用を制限するやらなんやらの対策を行っておるで。

また日常生活の中で換気方法や日用品の選び方に注意することも重要じゃ。

特に新築や改築の当初と、高温多湿になる夏は、化学物質の発散がようけなるんじゃ。
換気は複数の窓を開放して十分な通風を確保し、省エネルギー住宅では換気設備を有効に利用し計画的に換気することが必要じゃ。

ほんで室内は禁煙にし、カーテンやじゅうたん、床に塗るワックス類、防虫剤、洗剤やらなんやらの日用品は化学物質を発散するもんがあるので十分注意して選ぶようにするんじゃ。

省エネルギー住宅の機能を十分発揮するためにも、化学物質はできるだけ室内から排除したいもんじゃ。



  • Posted by だるめしあん at 03:27│Comments(0)
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    省エネルギー住宅とシックハウス症候群
      コメント(0)