たまりば

  生活・暮らし 生活・暮らし  東久留米市 東久留米市

省エネルギー住宅と湿気

省エネルギー住宅は断熱性、気密性が高く隙間のねー構造になっておるで。
せーは冷暖房効果を高め、省エネルギーにゃー効果的じゃけど、その反面、住宅内で大量に発生する湿気がもんでーになっておるで。

湿気は外気や床面、壁面、また調理、入浴、暖房、やらなんやらあらゆるところから発生するんじゃ。
ほんで通気のわりー場所に溜まり、カビ、ダニを繁殖させたり、結露をおこしたり住宅や健康に悪影響を及ぼすもんじゃ。

そのため省エネルギー住宅では特にしゃんと湿気対策を行う必要があるんじゃ。

天気のえー日に複数の窓を開放して風を通す方法は最も健康的で省エネじゃけど、計画的に必要換気量をさんにょーし、必要換気量に適合する換気設備を設置して湿きゅー排出する方法もあるんじゃ。
湿気のこもりやすい床下にゃー床下用換気扇を設置し強制排気することで、床下の建材のカビや、床面から室内への湿気の流入を防ぐことができます。

除湿機やエアコンの除湿機能を利用することも効果的じゃ。

押入れや天井裏やらなんやらのせめー部分にゃー市販の吸湿材が有効で便利なもんじゃ。

また、生活の中でちーと配慮することによって、室内の湿気の発生を抑えることができます。

例やー雨の日にゃー室内に洗濯物を干さねーことじゃ。
雨の日にゃー換気の効果も低いため、室内に湿きゅー発生させんことが大切じゃ。

室内の観葉植物水槽も湿きゅー発生させるもんじゃ。
ほんで開放型ストーブやらなんやらも避けた方がえーもんじゃ。

室内の湿度は40〜60%が望ましいとされておるで。

毎日湿度計で定期的に測定し、てんでにおーた湿気対策で、適切な湿度を保つこと心掛けたいもんじゃ。



  • Posted by だるめしあん at 03:27│Comments(0)
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    省エネルギー住宅と湿気
      コメント(0)